English | French

WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016

ウッド ファーニチャー ジャパン アワード2016実行委員会は、『WOOD FURNITURE JAPAN AWARD 2016』を開催いたします。
「Harmonia 共鳴するものづくり」をテーマに、現在の日本を代表する木製家具を公募・選出すると共に、木製家具デザイナーとメーカーとのマッチングを支援します。
選出した家具は、2016年1月にパリで展示し、知られざる日本の木製家具のイメージを一新いたしました。東京での展示は3月4日、5日、表参道のスパイラルホールで開催しています。

授賞結果

セレクション部門応募総数:34社、61点
マッチング部門応募総数:8メーカー、79デザイナー

グランプリ KISARAGI(飛驒産業株式会社)
ソフトウッド賞 TETSUBO(株式会社クワハタ)
ハードウッド賞 KARIMOKU NEW STANDARD COLOUR WOOD DARK GRID(カリモク家具株式会社)
TAKUMI賞 KURIKOMA(株式会社ワイス・ワイス)
TAKUMI賞 100年杉の椅子(株式会社KOMA)
マッチング特別賞 kinoe(飛驒産業株式会社+貝山伊文紀)
海外オーディエンス賞 O-Bath mugen/infinity(檜創建株式会社)

国内展示

会場イメージ
展示イメージ/デザイン:エマニュエル・ムホー 『bunshi (分枝)』

日時 2016年3月4日(金)11:00-18:30
   5日(土)11:00-18:00
表彰式 4日(金) 17:15-17:45
記念鼎談 4日(金) 17:45-18:20
【テーマ】日本の家具、デザインにできること
【登壇者】川上元美(デザイナー)、榎本文夫(プロダクトデザイナー)小泉 誠(家具デザイナー)
入場料 無料
会場 スパイラルホール(スパイラル3F、東京都港区南青山5-6-23)
URL http://www.spiral.co.jp/a_map/

内容 日本の木製家具展示(20点)、マッチング部門から誕生した日本の木製家具2点の試作、イル・ド・フランス⼿⼯業業者・⼯芸会議所の木製家具協力展示
特別協力 イル・ド・フランス手工業業者・工芸会議所(Chambre Régionale de Métiers et de l'Artisanat d’Île de France)

ヨーロッパ展示

Design : emmanuelle moureaux
WFJA2016ヨーロッパ展⽰ 会場⾵風景
©WFJA2016 / design: emmanuelle moureaux / photo: Shoichi Kajino

※終了しました

日程 2016年1月20日(水)・21日(木)
時間 11:00-18:00
入場料 無料
会場 No9 RIVE GAUCHE(9 rue du Cherche-Midi 75006 Paris)
URL http://www.9rivegauche.com/

内容 日本の木製家具展示(22点)、日本の木材・木工技術・デザインの紹介、フランス木製家具コラボ展示(6点)
特別協力 イル・ド・フランス手工業業者・工芸会議所(Chambre Régionale de Métiers et de l'Artisanat d’Île de France)

マッチング部門

木×手×人

これからの家具のための「これからのデザイナー」と
「デザインを求めるメーカー」を応援

新たな出会いを求める木製家具デザイナーと、新しいデザインを求めるメーカーのマッチングを支援いたします。意欲のあるデザイナー・メーカーを公募し、その実績情報等を共有すると共に、交流の場を設けます。2015年末までに試作可能なマッチングについては制作を補助し、パリと東京で展示いたします。本部門をきっかけに、これからのライフスタイルに適合する新たな日本の木製家具が作られることを目指しています。

※応募は締め切りました※

詳細はこちら 試作プロジェクト

セレクション部門

椅子・机・チェスト

現代の日本の家具のブランディングを支援

現在の日本を代表する木製家具を選出し、パリ・東京で展示、ウェブ等で紹介いたします。「Harmonia共鳴するものづくり」を体現する、木の良さを引出し、技術とデザインに優れ、これからのライフスタイルを予感させる木製家具を公募、審査のうえ選出し、情報発信することで、日本の木製家具のブランディングを目指します。

※応募は締め切りました※

詳細はこちら 展示作品

テーマ

Harmonia 共鳴するものづくり

木材は呼吸している。
木から木材になってなお、その呼吸はやむことはない。
曲がり、反り、朽ちる。その可変性と向きあうことで、
日本人は、その特異な感性と技術を磨き上げてきた。

日本の職人たちは、ときに厳しく、ときに優しく語りかけるように、
木材と向き合う。人の思いのままに加工するのではなく、
木材のもつ素性を生かしながら、響き合いながら、生まれてくるかたち。
それこそが木工家具の大きな魅力である。

共鳴するものづくり。

Wood Furniture Japan Awardでは、その特色をより強く訴求する。

若いアイデアと、熟練の技術の出会い。
異分野のアイデア、異分野の才能との出会い。
新たなライフスタイルや価値観との出会い。

さまざまな出会いのなかから、海外マーケットでも評価されうる
真に上質な日本製木工家具を提案したい。
 
豊かな才能が、世界中で響きだす。

審査員

セレクション部門の選出と、賞の選定を行います。

  • 審査員長 小泉 誠(家具デザイナー)

    1960年東京生まれ。デザイナー原 兆英・原 成光に師事した後、1990年コイズミスタジオ設立。箸置きから建築まで生活に関わるすべてのデザインを手掛ける。2003年にはデザインを伝える場として東京の国立市に「こいずみ道具店」を開き、リアルなデザイン活動を展開している。武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授。

  • 谷尻 誠(建築家)

    1974年広島生まれ。1994年に穴吹デザイン専門学校を卒業後、本兼建築設計事務所、HAL建築工房を経て、2000年に建築設計事務所SUPPOSE DESIGN OFFICE設立。住宅、商業空間、会場構成、ランドスケープ、プロダクト、アート分野でのインスタレーションなど、仕事の範囲は多岐にわたる。広島・東京の2ヵ所を拠点とし、共同代表の吉田愛と共にインテリアから住宅、複合施設など国内外合わせ多数のプロジェクトを手がける傍ら、穴吹デザイン専門学校特任講師、広島女学院大学客員教授、武蔵野美術大学非常勤講師、昭和女子大学非常勤講師、大阪芸術大学短期大学部准教授なども勤める。

  • エマニュエル・ムホー(建築家・デザイナー)

    1971年フランス生まれ。1995年初来日の際、東京の街に溢れる無数の色を見て衝撃を受け、東京在住を決意。同年フランス国家建築家免許を取得し、翌1996年東京に移住。2003年一級建築士免許を取得し、emmanuelle moureauxarchitecture + designを設立。色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱う独自のコンセプト「色切/shikiri」に基づき、色を大胆に取り入れた、建築、空間デザイン、アートなど多様な作品を創造し続けている。東北芸術工科大学准教授。

  • 山田 遊(バイヤー・監修者)

    東京都出身。南青山のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。グッドデザイン賞審査委員をはじめ、各種コンペティンションの審査員や、京都精華大学非常勤講師など、教育機関や産地などでの講義・講演など、多岐に渡り活動中。

  • 木田 隆子(『ELLE DECOR』ブランドディレクター)

    編集者・ジャーナリストの立場から長年にわたりライフスタイルやデザインの分野にかかわる。ミラノサローネ、メゾン・エ・オブジェなど海外見本市のみならず、豊富な海外取材の経験をもとに、最新トレンドを発信。グローバルなネットワークを生かして、日本のマニファクチャー、デザイナーの海外への紹介を行う。『フィガロ ジャポン』(現・CCCメディアハウス)の副編集長、『ペン』(同社)の編集長ののち、2005年よりハースト婦人画報社にて『ELLE DECOR』の編集長に就任。2014年より『ELLE DECOR』ブランドディレクターに就任、現在に至る。その間、ジャパンブランドの審査員を歴任。現在は日本の伝統工芸、伝統産業、先端技術とインターナショナルなデザイナーのコラボレーションで新たなデザインを生み出す、JC(ジャパン クリエイティブ)のボードメンバー。

セレクション部門にて選出された家具、マッチング部門からマッチングが成立し試作された家具を対象とします。

  • グランプリ:1点
  • ソフトウッド賞:1点(針葉樹使用家具から選出)
  • ハードウッド賞:1点(広葉樹使用家具から選出)
  • TAKUMI賞:1点(木工技術が秀でているものを選出)
  • マッチング特別賞:1点(新たな成果を生み出す可能性のある取組を選出)
  • 海外オーディエンス賞:1点​

運営体制

●主催
ウッド ファーニチャー ジャパン アワード2016実行委員会
※本事業は、林野庁補助事業「平成26年度木材需要拡大緊急対策事業
のうち木造住宅等需要拡大支援事業のうち木材製品輸出促進事業」に
より実施するものです。
●後援
一般社団法人 全国木材組合連合会
一般社団法人 日本木材輸出振興協会
●協力
スパイラル/株式会社ワコールアートセンター
JDN、登竜門
ELLE DÉCOR JAPAN
●企画制作
株式会社アサツー ディ・ケイ
●問合せ
ウッド ファーニチャー ジャパン アワード2016実行委員会

問合せ

ウッド ファーニチャー ジャパン アワード2016実行委員会
woodfurniture@japandesign.ne.jp